― 現役エステティシャン、日本アロマコーディネーター協会で講師を務める安水裕子が選んだ美しくなるための化粧品 ―


使い慣れないお化粧品や日用品で赤くなったり、かゆくなったり、ポツポツが出てきたりと悩みが尽きない感肌。それらのトラブルスキンは、子供の頃から始まっていますか?大人になってからトラブルが起きやすくなりましたか?
 
 
敏感肌CHECK!
  • 絆創膏でかぶれる
  • 自分の汗にかぶれる
  • 紫外線に弱い
  • 香料にかぶれたことがある
  • 外と室内の気温差で顔が火照る
  • 常に顔がなんとなくかゆい
  • ローションパックなどで顔を冷やす事が良くある
  • カミソリ負けしやすい
  • エタノール消毒で赤くなる
  • シャンプーで頭皮や胸元、背中がかぶれた事がある
  • こするとすぐ赤くなる
  • アレルギーがある




アトピー性皮膚炎や内服している薬の副作用、その他上記のチェックが多ければ多いほど疾患肌に近いと考えられます。まず、自分の肌の状態を理解していないと間違った判断で悩みを増大させてしまいます。
「敏感肌」と位置づけされる方は実は少ないと言うのが現状です。

「疾患肌」の場合お化粧品をオススメするのは難しくなってきます。
「疾患肌」は、皮膚科で状況をみて貰いましょう。ご自分のお肌の状況を理解し病院にかかり、お化粧品のセレクトに十分気をつけるようにしましょう。下記に続く、お肌についての情報を読んでみて下さいね。
 

  ⇒敏感肌商品紹介へ  

敏感肌の中に「不安定肌」と「疾患肌」というのがあります。
多くの「敏感肌」と思ってる方が「不安定肌」に位置づけられます。

 

常にトラブルで悩まされている訳ではなく、時折かぶれやトラブルが起きるお肌の事を指します。例えば、、、日頃は絆創膏にかぶれないけれど、生理前や睡眠不足、疲れがひどいとかぶれてしまう。毎日愛用しているお化粧品は、ほぼ問題ないんだけれども、たまにヒリヒリする。などなど。。。
「不安定肌」の方は、時々お肌のコンディションが悪くなるので、お化粧品は刺激の少ない「敏感肌用」をセレクトして使用している人が多いのではないでしょうか?

ここで少し専門的なお話をしましょう。お肌は雑菌やウィルス、ほこり、排気ガスなど外からの刺激に対し負けないよう抵抗力をもっています。摩擦や接触などの刺激、更には自分自身が過剰に分泌した汗や皮脂に対しても反応します。
「不安定肌」は上記↑3つの戦力が乏しい状態です
皮脂膜は、洗顔のたびに失われますが健康的であれば、洗顔後2〜3時間で再び作られます。忙しくて睡眠不足が続き、食事もテキトーになってしまうと、お肌の調子って悪くなりますよね?この時のお肌細胞は、栄養不足と酸素不足でお身体同様ヘトヘトなんです。
通常洗顔後2〜3時間で作られるハズの皮脂膜がうまくできておらず無防備な状態で栄養も酸素も足りていません。
当然セラミドとNMFのタッグ組も弱く
「バリア機能」が落ちています。
そこへ、手で目や顔を擦ったり触ったりすると、雑菌が繁殖!!!「手でお顔に触れる」と言うなんでもない行為すらも、「バリア機能」が整っていないと、とんでもない肌荒れにはまってしまうのです。



「あれれ?なんか肌ザラつくなぁ。もっとしっかり洗わなきゃ。」なんて思ってさらに一生懸命洗顔をしてませんか?良かれと思って行った洗顔で、ますますバリア機能が低くなり、「よく洗ってるのにいまいち良くならない。お湯でもっとすすがなきゃ!」とよりリスキーな判断をしてしまいがちです。
お湯ですすぐと、セラミドもNMFも流れ落ち、バリアしてくれる要素が皆無に!!!一気に過敏な状態に傾きます。「う〜む、いまいちキレイにならないからスーパー汚れが落ちる洗顔に変えようぉっと。」洗浄力が高い洗顔料は、3つのバリア機能が適切に働いているお肌に向けて作られていますので、このセレクトは弱り目に祟り目になってしまいます。もうこの状態になってしまうと、日頃愛用しているローションや美容液がヒリヒリしみたり赤くなったり、今までと違うお肌状況に、、、どうしよー(涙)気が付くと「敏感肌」用のお化粧品を手に取っている事に…。


 
強い洗浄力の洗顔料を使っている、何種類もの化粧品を使っている、肌負担の強い化粧品を使っている・・・等。。。「不安定肌」は、生活習慣の中で自分自身で作ってしまったスキンタイプなのです。自分で作ってしまったのですから、正しいスキンケアにしてあげると少しづつ元に戻っていきます。

トラブルが無い時は軽視しがちですが、クレンジングや洗顔は過敏なお肌には大きな刺激になります。
「不安定肌」を正常で健康的な美しいお肌に戻すポイントは、
3つのバリア機能が戻るまで
【刺激を与えない=お化粧品を色々使わない】事が先決!肌荒れが酷いので、ファンデをたっぷりつけている方も少なくありません。ファンデを重ね塗るので、よく取れる洗顔料を選びますよね?洗浄力が高い洗顔料を見直す、或は、「落とす」=リスクと考えて洗顔料で落としやすいファンデに変えるのも「不安定肌」からの脱出方法のひとつです。
簡単に汚れが落ちるようにしてあげるコトが健康肌への早道です。まずファンデをつけないコト。それに抵抗がある場合はお粉や薄付きのパウダーくらいにしましょう。

 

健康的な状態に戻してあげないと、シミやシワなどアンチエイジングケアを取り入れる事が困難な事をご存じでしょうか?不安定な状態でシミシワ予防は、かえって負担になりお肌を傷めかねませんよ〜。
 

トラブってしまうと、お化粧品の力も借りてなんとかしたくなりますが、
引き算のスキンケアを心がけましょう。

 

お肌が安定するまでこれだけ!!


余計なお化粧品をつけると余計に悪化してしまう可能性がある不安定肌。
今は、シミやシワなどのトラブルよりもお肌の抵抗力をつけないとNG。
そう。抵抗力があってこそのシミやシワなどトラブルのお手入れができるんです。
まずは、抵抗力をつけるお手入れをしましょう。



フィジボウ マイルドクリアソープ
洗顔
 

フィジボウ トリートメントオイル

オイル(鎮静・保湿)



 朝だけ  サンミュレ UVクリーム
日焼け止め(必須)

洗顔後、皮脂に近いフィジボウトリートメントオイルだけのシンプルケアでOK!
抵抗力がないお肌に何かをプラスするより、シンプルに状態を戻すことが大事。

 

疾患肌は皮膚科へ

子供の頃からアトピー性皮膚炎をお持ちだったり、
接触性皮膚炎などを患っている場合は、お化粧品の力に頼るのは間違いです。
長い間皮膚に熱を持っていたり、酷い日焼けで顔中炎症を起こしていたりする場合は、
皮膚科でしっかり診断してもらいお化粧品の使用について聞いてみて下さいね。




 
送料無料

ブログ



●商品のお届けに関して●
火曜、第2・3水曜日は定休日です。受注確認及び商品の発送は、定休日明けになることをご了承下さい。 また、先振込にて土・日・祝の前日にお振込頂いた場合は、商品の発送は営業日のご対応になります。 迅速な対応を行うよう努めてまいりますが、ご理解ご了承下さいますようお願い申し上げます。

Top